ワキガ体質

わきがが遺伝だというのは本当の話なのでしょうか?

ワキガ体質の人はいます。

 

ワキガとは悪臭を放つためほとんどの人が嫌がる症状でしょう。

 

そんなワキガにはなぜなる人、ならない人が存在するのか?

 

一つの原因として考えられているのが遺伝です。

 

つまりおやがワキガ体質であれば子供にもそれが遺伝することが
考えられています。

 

そしてその可能性は比較的高い%となっているんですね。

 

例えばですがお父さんでもお母さんでもどちらかがワキガ体質だった場合
子供に遺伝する可能性というのはどのくらいか想像がつくでしょうか?

 

実は40%にものぼると言われています。

 

ではお父さんもお母さんも両方の親がワキガ体質だった場合の遺伝率は
どのくらいか?

 

実は80%という高い可能性で遺伝するといわれています。
非常に大きな数字のため驚く人もおおいかもしれません。

 

しかしこれは研究の結果で明らかになっています。

 

もし遺伝していたとしたらほとんどの場合思春期時期にあたる15歳〜20歳頃のあいだに
発症するといわれています。

 

仮に思春期時期を過ぎてもワキガが発症しなければそのまま何もないケースも
多いと言われています。

 

体臭というのは自分では気づきにくいもので自分がワキガだと思ってない人もたくさんいます。

 

もし自分のおやがワキガだとしたらもしかして自分も・・・?
と1度疑う必要もあるかもしれません。

 

匂いに関しては伝えにくい場合もありますので周りの人も
言えずにいるかもしれません。

 

家計をチェックして自分で自分のことを理解することも大事なことです。

 

リプロスキン amazon